めざまし速報

2chやTwitterなどのまとめ記事を提供します。

    2018年10月



    1 ストラト ★ :2018/10/31(水) 07:10:41.74

    男性ヒップホップグループ「RIP SLYME(リップスライム)」が活動休止し、メジャーデビュー以来続いているメンバー5人の体制をいったん解消することが30日、分かった。
    これに伴い、31日にグループの公式サイトが閉鎖される。

    リップは94年に結成。98年から現在の5人体制で活動してきた。
    01年にメジャーデビューすると、「One」「楽園ベイベー」などが次々にヒット。
    ヒップホップアーティストとして初の日本武道館公演も果たし、2000年代のヒップホップシーンをけん引した5人だが、その体制を見直すことになった。

    契機は、昨年4月にメンバーのSU(44)の不倫疑惑が発覚したこと。
    歌手の大塚愛(36)を妻に持つが、モデルの江夏詩織(23)との交際が週刊誌に報じられた。
    影響は大きく、グループとして直後のイベント出演をキャンセル。
    SUはそのまま活動休止状態となり、しばらくは4人でライブ活動を続けた。
    ただ、同年9月以降は表立った活動はなく、既に活動休止入りしている。

    関係者によると、現在は、今後どのような体制で活動していくかなど、再始動するための話し合いと準備を進めている段階。
    20年間を共にしてきた現在のメンバー5人の体制は解消する。
    次のステージへ向けた発展的な活動休止と言えそうだ。

    ▽RIP SLYME 
    1994年にRYO―Z、ILMARI、PES、DJ SHOJI、DJ Shigeという3人のMCと2人のDJで活動を開始。
    96年にDJ2人が脱退し、SU、FUMIYAが相次いで新加入、現メンバーに。
    インディーズとして活動後の01年3月、シングル「STEPPER’S DELIGHT」でメジャーデビュー。
    ILMARIの妻はモデルの蛯原友里、SUの妻はシンガー・ソングライターの大塚愛。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000037-spnannex-ent

    RIP SLYME

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【ヒップホップ】RIP SLYME活動休止 SU不倫騒動が影響】の続きを読む


    炎上した「キズナアイ」問題 “表現の自由”を主張する前に考えたいこと | ニコニコニュース



     バーチャルYouTuberの「キズナアイ」がNHKノーベル賞特設サイトに登場したことについて、ネット上で議論が起きた。太田啓子弁護士は「このイラストを使う感覚を疑う。女性の体はしばしばこ社会では性的に強調して描写されアイキャッチの具にされる」と批判社会学者の千田有紀さんは『ノーベル賞のNHK解説に「キズナアイ」は適役なのか?』というYahoo個人の記事で、相槌を打つ役割を担わされているキズナアイのジェンダーロールの問題を摘した。

     私がここで取り上げたいのは、議論の内容そのものではなく、こういう議論がどのような場で行われるのが良いのかという「土台」の問題である。千田さんはヤフー記事への批判の反論として、Twitterでこう投稿している。

    “私自身は「表現の自由」は国家から規制されるべきものではない、とは思う。でもそう思うからこそ、国家から規制されるまえに、「市民共性」を発達させないといけないと思うんですよ。”

     ここで出てくる「市民共性」というのは、ドイツの思想ユルゲン・ハーバーマスの言葉だ。わかりやすく言えば、自的でオープンで、等な議論ができる場所のことで、「共圏」という言い方もする。千田さんはこう書いている。

    市民共性は対話によるものですから、そのことを話し合うことが大切だと思います。 いままさに起きていることが、市民共性なのではないでしょうか?”

    議論が「コーヒーハウス」でオープンに行われた時代

     ここで私が問題にしたいのは、この「市民共性」とは何か?ということだ。そこでまず、歴史をおさらいしてみよう。社会全体のことを議論し、決めることを「」と言うが、これは中世ぐらいまでは王様朝廷や幕府や貴族や、そういう人たちに独占されていた。一般人王様の決めた「」に伏して従うしかなかったのである。

     ところが産業革命が起きると、一般人の中からお金持ちが現れて、彼らがも持ち始める。王様貴族も彼らブルジョワジーの視できなくなって、宮廷の外側で政治社会議論をする場所が生まれてきた。その典17世紀ぐらいにできてきたイギリスの「コーヒーハウス」で、ここでみんなでコーヒーを飲みながら、酔っ払わずに、等にオープンに、政治議論したのである。

    しかし「市民」の良い時代は長く続かなかった

     ハーバーマスには『共性の構造転換』といういまや古典となった名著があって、この本では市民共性がコーヒーハウスなどによって実現したということが書かれている。王様貴族の「」に対抗する市民(ブルジョワジー)がつくる「」だから「市民共性」、つまり「市民」の「」である。

     でもその「市民」の良い時代は長く続かない。19世紀になってさらに下層の労働者が政治に参加するようになり、新聞などのマスコミをもつようになると、プロパガンダ広告宣伝などによって市民はゆがめられるようになってしまう。自的で等でオープン議論という機が、だんだんと奪われていってしまう。ハーバーマスはそう摘した。

     ただ、ハーバーマスの本の議論には、批判も多い。その中でも中心的なのは、ハーバーマスのいう「市民」ってしょせんはブルジョワジー=資本家のことじゃないか、というものだ。

     ここで『共性の構造転換』の刊行時期を見ておく必要がある。この本が出たのは1962年。この後しばらくして、1960年代末になると世界中で学生運動が吹き荒れるようになる。そして1970年代に入るとこの運動の流れの中から、環境保護運動やフェミニズムなど新しい社会運動が広がった。ハーバーマスの本ではこういう流れは予想できなかった。

     それでハーバーマスはどうしたかというと、公共性の構造転換』の新版1990年に出た時に新しい序文を書いて、いったんは衰退した市民が新しい社会運動とともに復活してきているということを説明したのだった。大きなの場所が衰退はしているけれど、福教育、医療などさまざまな分野で議論をする社会運動が生まれてきて、そういうたくさんの運動のゆるやかなネットワークという新たな市民ができてきている。ハーバーマスはそういうようなことを書いた。

     さて、これで歴史のおさらいは終わり。ここから先が、21世紀のいまの話である。

    「マイノリティの選別」という新たな困難が

     ハーバーマスの話が90年の序文のところで終われば、「新しい市民ネットワーク素晴らしい市民バンザイ!」で一件落着だったろう。しかしそんなハッピーエンド現実にはまったく用意されていなかった。いまやもっと困難な新しい事態が起きている。

     それがなにかといえば、たとえば過剰なポリティカル・コレクトネス(ポリコレ、政治的正しさ)の世界的な蔓延であり、それと表裏一体の「マイノリティの選別」である。アメリカでは人種差別や性差別については過剰なまでに正しさがめられている一方で、格差が進む中でたいへんなに遭っている貧困層の人は黙殺されて、その怒りがドナルド・トランプ大統領を誕生させた。

     これはアメリカだけでなく日本でも同じようなものだ。日本ではジェンダーや障者、在日差別シングルマザー生活保護庭などへの差別がさかんに問題にされる一方で、福島県民は「汚染した土地にしがみつく人たち」と打ち捨てられ、オタクは「気持ち悪い」と差別され、キモカおっさん(キモくてのないおっさん)はまったく視されている。

     欧州では、リベラリズムイスラムを揶揄するような漫画が新聞などに掲載され、それが「表現の自由」だとして擁護されている。イスラムの人たちはマイノリティじゃないのだろうか?

    個人の好き嫌いで排除される

    護されるべきマイノリティ」への差別は強く批判され、それへの批判は「表現の自由」でさえも制限されて良いというような意見が出てくる。なのに「排除されたマイノリティ」への差別は看過され、それへの批判は「表現の自由」として擁護されることさえある。これはいくらなんでも不等ではないか。

     私は、あらゆるマイノリティの権利は保護されるべきだと考えており、選別されるべきではないと考えている。すべてのマイノリティが救われる世界は遠いのは事実だけれど、少なくともそこに不等や排除が存在していないのかについて、常に意識を働かすべきだと思っている。しかし現実には、そうなっていない。ひどい場合には、個人の好悪の感情(オタク気持ち悪い、など)だけで選択が行われてしまっている。

     そういう中で、市民は揺らいでいる。いや、揺らいでいるというよりは、もともと「市民」「」というものに内在していた矛盾が、21世紀になって露呈してきたという方が的確だろう。

    市民」とはか? 選ぶ基準はどこに?

     このような状態では、今一度、次のふたつの問いかけに立ち返らなければならない。

     第一に、「市民」とはいったいのことをしているのか? 排除や選択はそこに存在していないか?

     第二に、「市民」があるとすれば、そこで「選ぶ」「選ばない」や「表現の自由は守られる」「表現の自由は制限してもいい」という基準は、どのようにしてが決めるのか?

    落ち着いた議論が成立しにくい理由

     インターネットという新しいメディアは、もが等に、オープンに発信できる自的な間である。その意味で、ハーバーマスの考えた市民共性の理想にだって決して遠くない。しかしその市民は、非常に脆く、バランスを崩しやすい。

     ハーバーマスは、マスコミが発達すると近代の「市民」が堕落して、衆愚になってしまうと考えた。でもいま起きているのは、エリートと衆愚というような単純な区分けではなく、価値観が多様化している中で、これまでの「市民」の価値観に当てはまらない人だってたくさん現れているということだ。

     おまけに「市民」への参加者のあいだで、共通の理念も共有されていない(正義のぶつかりあいを見よ)ことが3・11以降には明になってきた。だからますます、着地点のある落ち着いた議論が成立しにくい。

    SNSで行われる議論に必要な意識

     私はその困難さの理由のひとつには、TwitterをはじめとするSNSの構造の難点にあるのではないかと思っているが、現状はこのような構造の中に私たちの共圏は危うくぶら下がっている。だとすれば、そこで行われる議論はより攻撃的ではない方へ、より抑制的な方向へと意識することが必要なのだと思う。

     具体的に言えば、「表現の自由」のような制限をかけやすいネガティブな方向については、より抑制的に自由を侵しないようにすること。いっぽうで、マイノリティの包摂のようなポジティブな方向については、選別せず積極的にみんなを包摂していくこと。

     いまのネット議論では、なぜか表現の自由は制限の方向へと進みやすく、包摂は選別されやすくなっている。これは明らかに逆ではないだろうか。

     選択・排除と過剰な制限へは、なるべく踏み込まないことだ。そのうえで、何を選択するのかということは、日本社会という大きなではなくて、より小さな文化圏の中で考えられていけばいいと思う。

     ある文化が育って社会全体に影を及ぼすようになれば、社会全体での「何が選ばれるか」は自然と、みんなが気づかないうちに変わっていく。萌え系やアニメ画などがかつてはオタクカルチャーの中だけで消費されていたのが、最近は老若男女されるようになってきているのは、そういう流れの徴だと思う。「市民」という大きな間での選択・排除や制限ではなく、小さなところからスタートする文化のによって、流れは作られていくのだ。

     自的な規制ではなく、そういう文化への期待こそが、これからの「市民」ではないかと思うのである。

    佐々木 俊尚)

    NHKのノーベル賞解説サイト「まるわかりノーベル賞2018」より


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【炎上した「キズナアイ」問題 “表現の自由”を主張する前に考えたいこと】の続きを読む



    NO.7033375
    小西真奈美 スレンダー貧乳がボイトレで急成長? おっぱい偽装疑惑も
    小西真奈美 スレンダー貧乳がボイトレで急成長? おっぱい偽装疑惑も
    ファッションモデル顔負けのスタイルで知られる女優の小西真奈美が突如として豊かな胸になったとして、男性ファンの熱い注目を集めている。

    きっかけは小西がインスタグラムで公開した1枚の写真。

    新アルバムのジャケット写真の撮影時に写されたものだ。

    小西は黒のチューブトップのドレスを身に着け、首筋から肩、胸元と肌を大胆にさらしている。

    「これだけでかなりの艶っぽさ。生ツバものなんですが、さらに胸がこんもりと盛り上がっているからたまりません。彼女はこれまで大きく見てもBカップで実際はAだろうと言われてきました。でもこの写真ではCカップはあるように見えます。場合によってあと少しでDというところまで成長しているかもしれません」(週刊誌記者)

    実は小西、今年の7月ぐらいから胸が大きくなっているのではないかと、ささやかれていた。

    この時は疑惑にとどまっていたが、どうやら本格的に豊かになっているようだ。

    「気になるのは巨大化の理由ですが、本格的に歌手デビューするからかもしれません。彼女はこれまでにシングルやネット配信限定でミニアルバムを出していますが、10月24日にアルバムをリリースし、メジャーデビューします。このアルバムのために、ボイストレーニングにも余念がなかったことでしょう。よく呼吸を鍛えると胸が大きくなると言われますから、小西もそうだと思われます」(前出・週刊誌記者)

    セカンドアルバムをリリースする頃には、もっと大きくなっているかもしれない。

    ネットの反応
    ・しょーもなw
    ・ど貧乳だったよな
    ・ファッションモデル顔負けのって元々はモデルやろ
    ・ボイストレーニングがバストアップに繋がるという新事実
    ・全てのおっぱいは16で成長が止まるって聞いた
     >貧乳の子は、そうだろうな
    ・ファブリーズは豊胸にも効く
    ・マジに信じてボイストレーニングが流行りだしたらどうすんの?
    ・弓道、アーチェリー、ゴルフをやってる女の子は大きい子が多いな。
    ・服のせいでどうにでも見えるんだが
    ・膨らみの位置がおかしい
    ・妙にトップが下がってね?
    ・やりやがったな
    ・こんなんただのパットじゃん 豊胸してたらもっと上の方から膨らむわ
    ・写真だけならいくらでも改造できるだろ。
    ・朝ドラでまっ平らなのは確認したから
    ・おっぱい小さくて福山に捨てられた小西姉さん…
    ・ラップにハマってた辺りまでは知ってるけど、その後ラッパーとしてデビューまでしてるんだよな
    ・ラップが痛すぎて 涙が止まらない・・・
    ・曲は想像の斜め上で結構良かった しかしKREVAとヤッてなきゃいいけどヤッてんだろな
    ・売れなくなって迷走し出すのは芸能人の常
    ・顔射したい系の顔だよね
    ・これすげえ
    【日時】2018年10月29日
    【提供】gossip!


    【小西真奈美 スレンダー貧乳がボイトレで急成長? おっぱい偽装疑惑も】の続きを読む



    NO.7035518
    坂上忍、日テレ出禁に?収録を途中で放棄 フジにベッタリ
    坂上忍、日テレ出禁に?収録を途中で放棄 フジにベッタリ
    坂上忍がMCを務める新番組『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)が10月12日にスタートしたが、この件で、坂上は“日テレ出禁”になる恐れがあるという。

    「内容だけでなく、セットの雰囲気から出演者の配置まで、坂上も準レギュラーだった『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)と酷似していた。『坂上〜』の放送時間は金曜19時で、『志村〜』は土曜19時。そのため、“昨日やっていたはずじゃ?”と混乱する視聴者が続出しています」(テレビ誌ライター)

    『志村〜』で担当していた企画を放り出しての移籍には、日テレもさぞかし複雑な心境だろうが、坂上の“日テレ嫌い”は以前から有名だったという。

    「今年9月に終了したフットボールアワーの後藤輝基がメイン司会を務める『得する人損する人』でも、いつまでもゲスト扱いされる待遇に不満を持ち、スタッフと衝突。しばらくして降板しています。後に別の番組で後藤と共演した際に、本人を目の前にして『僕、2回ぐらい帰ったことあります。後藤くんの番組で……』と収録途中で仕事を放棄して帰ったことを、あけすけに語っていました。また、今年の『24時間テレビ』ではウッチャンナンチャン・南原清隆と共にスペシャルサポーターを務めていますが、南原は『ヒルナンデス!』、坂上は『バイキング』と、真裏でMCを務めるライバル同士。そのため、坂上が『(南原と)同じ枠で映さないように』と言いだし、スタッフとひと悶着あったと聞いています。坂上からすれば、日テレの4倍近いギャラを払ってくれるフジが最も大事な局。
    残る『有吉ゼミ』も、早晩降りるのではないでしょうか」(テレビ関係者)

    「得する局」にしか出演したくないのが、坂上の本音だろう。
    【日時】2018年10月30日 12:00
    【提供】日刊サイゾー


    【坂上忍、日テレ出禁に?収録を途中で放棄 フジにベッタリ】の続きを読む



    NO.7036419
    ソフトバンク本拠10連勝で1勝、壮絶打ち合い制す 日本シリーズ第3戦
    ソフトバンク本拠10連勝で1勝、壮絶打ち合い制す 日本シリーズ第3戦
    <SMBC日本シリーズ2018:ソフトバンク9−8広島>◇第3戦◇30日◇ヤフオクドーム

    連覇を狙うソフトバンクが「地の利」を生かして、34年ぶり4度目の日本一を目指す広島を下し今シリーズ初勝利を挙げ1勝1敗1分けのタイに持ち込んだ。

    壮絶な打ち合いを制した。

    ソフトバンクは0−0で迎えた4回、1死から柳田、デスパイネが連続四球。

    続く中村晃が右前に適時打を放ち1点を先制すると2死後、今宮の左前適時打で1点を加えた。

    広島は5回、安部の本塁打で1点差に迫るがソフトバンクはその裏に守備の乱れなどで2点を追加。

    広島は6回に鈴木誠也の本塁打と会沢の適時打で再び1点差としたが、ソフトバンクはその裏に柳田の適時打とデスパイネの3ランで突き放し、7回にも高谷の本塁打で1点を加えた。

    6点差とされた広島はそれでもあきらめない。

    8回、鈴木のこの日2本目となるソロ本塁打と、安部のこちらもこの日2本目となる満塁本塁打で三たび1点差に。

    驚異的な粘りを見せたが、あと1歩届かなかった。

    ソフトバンクは本拠地で11年に中日との第6戦で敗れたのを最後に、日本シリーズプロ野球最多タイ連勝記録となる10連勝。

    それ以前にも日本シリー..



    【日時】2018年10月30日 22:30
    【ソース】日刊スポーツ


    【ソフトバンク本拠10連勝で1勝、壮絶打ち合い制す 日本シリーズ第3戦】の続きを読む

    このページのトップヘ